RPF製造工場

施設の概要

施設名称
圧縮固化施設
所在地
沖縄県沖縄市字登川3345番、3348番1
設置年月日
平成24年9月1日
処理対象物
紙くず、木くず、繊維くず、廃プラスチック類
処理能力
破砕機:5t未満/日
成形機:31.28t/日(8時間) 3.91t/時間
資源回収物
RPF固形燃料 ※詳細はこちらよりご覧いただけます

設備概要

ホッパー(定量供給機)から投入された材料は2本のスクリュー軸により圧縮・混練され、その際の摩擦熱により溶融。ノズルより棒状の成形物となって排出されます。

特徴

  1. 片持ちの短軸スクリュー型でコンパクト
  2. 運転開始後短時間で成形可能
  3. 成形ノズル取り替え方式で、最適な成形サイズ、ノズル個数が選択可能
  4. 取り替え可能な耐磨耗スクリューとライナーでメンテナスが容易