廃棄物から資源へ

RPF (Refuse Paper & Plastic Fuel)

産業廃棄物のうち、紙くず、木くず、繊維くず、廃プラスチックを原料とした、高カロリーな固形燃料。
化石燃料の代替えとして大きなメリットがあります。

RPF製造

特徴

1日の生産能力は約31トン。破砕機や成形機を組み合わせ、短時間で効率的な処理を実現しています。
また、用途に合わせ最適な成形サイズに調整が可能となっています。

RPFの流れ

主な廃プラスチック類

  • ポリエチレン (PE)
    包装用フィルム、買い物袋、ビニールケース、部品箱等。
  • ポリプロピレン (PP)
    結束ひも、お菓子の包装等。
  • ポリスチレン (PS)
    家電製品のボディ、食品用トレイ、発泡スチロール等。
  • ポリエチレンテレフタレート (PET)
    ペットボトル(清涼飲料水や酒類の容器)、衣料用の繊維等。
  • ポリカーボネート (PC)
    AV機器、携帯電話、コピー機等のボディ等。
  • ナイロン
    合成繊維。
  • アクリル
    レンズ。
  • ポリウレタン
    自動車のシート、クッション材、断熱パネル等。

な紙類

  • 特殊紙
    加工紙、ラミネート紙、紙製容器、アルミ蒸着紙、カーボン紙等。
  • ロール状損紙
    切り落とし紙、フィルム類等。
  • 紙製容器包装
    容器包装リサイクル法における分別基準適合物。

主な木材類

  • 建設廃材
    建設現場から発生する廃材木等。
  • パレット
  • 梱包用木箱

主な繊維類

  • 衣類
  • 合成繊維

製造工程

  1. 破砕機
    廃棄物を投入し、成形できるサイズに粉砕。
    破砕機
  2. 磁力選別機
    廃棄物に混入している鉄類を取り除く。
    磁力選別機
  3. 定量供給器
    成形機に定量的に供給するために
    破砕したものを貯蓄。
    定量供給器
  4. 成形機
    廃棄物を固形燃料に成形する。
    成形機
  5. 排出・回収
    固形燃料を回収。
    RPF 排出・回収

大手製紙会社へ売却

  • トラックへ積み込み
  • トラックで出荷

RPFのメリット

排出事業者にとってのメリット

  • 埋め立て処分していた廃棄物が新たな資源(RPF)としてリサイクルが可能
  • 社会的責任の向上
  • 廃棄物が資源に変わることによる循環型社会への貢献

処分業者にとってのメリット

  • 埋め立て処分量の抑制
  • 廃棄物が資源に変わることによる循環型社会への貢献

使用者にとってのメリット

  • 化石燃料(石炭・石油等)の使用削減によるCO2削減
  • 廃棄物からできた燃料を使用することによる循環型社会への貢献